风与云与虹

   电视剧
风与云与虹

年 代:
1976
地 区:
日本
导 演:
大原诚
简 介:
平安時代中期[1]を舞台に、ほぼ同時期に朝廷に対する叛乱を起こした平将門藤原純友の生き様を描いた。主人公の将門と、その従兄弟である平貞盛から愛されるものの、両者の戦いに巻き込まれて惨殺されてしまう薄幸の姫君貴子を吉永小百合が演じた。『真田風雲録』で... 更多

本片搜索结果 更多结果

猜你喜欢

剧照

精彩评论

風と雲と虹と 2021-01-23

『風と雲と虹と』(かぜとくもとにじと)は、1976年1月4日から12月26日にかけて放送されたNHK大河ドラマ。第14作。目次1 概要2 あらすじ3 出演3.1 主人公3.2 平氏一門3.2.1 良将将門一門3.2.1.1 将門の側近たち3.2.2 国香貞盛一門3.2.3 良兼一門3.2.4 良正一門3.2.5 良文一門3.3 源氏一門3.4 関東の豪族たち3.5 国司役人た... 详情

德川光圀日本史卷一百卅七列傳六十四紀淑人、源經基、平貞盛、藤原秀鄉 2014-02-24

紀淑人,中納言長谷雄次子。【紀氏系圖、古今和歌集目錄。】延喜、延長間,歷藏人、左近衛將監、右兵衛佐、左衛門權佐。承平中,為河內守。【古今和歌集目錄。】累進從四位下。【紀氏系圖。】六年,南海賊起,聚黨數千人,乘船千餘艘,橫行海中,鈔掠商舶。【扶桑略紀。】敕以淑人為伊豫守,【日本紀略、古今和歌集目錄。○... 详情

德川光圀日本史卷一百三十一列傳五十八藤原忠平 2014-02-24

忠平,幼聰慧。基經將建極樂寺,往相其地,忠平陪乘,指一所曰:「大人欲創佛閣,則莫過于此。」基經視之,則地形實絕勝,因言曰:「當以是為汝後來營構之地。我業已別有所定。」自是心奇之。【大鏡。】寬平中,敘正五位下,任侍從,兼肥後權守。昌泰三年,授參議。奏請讓于叔父右兵衛督清經,因為右大辨。延喜初,任參議,... 详情

德川光圀日本史卷二百廿八列傳一百五十五叛臣二平將門、藤原純友 2014-02-13

平將門,上總介高望之孫,鎮守府將軍良將第三子也。【○扶桑略記、今昔物語,良將為良持。按本書下總介良持,良將弟也,恐誤。】稱相馬小二郎。【平氏系圖。】勇悍過人,最工騎射。少仕攝政忠平,因求其薦為檢非違使。忠平不之省。將門失望憤怨,【神皇正統記。】去赴關東,居下總豐田郡。【扶桑略記。】率徒屬來往常陸、下... 详情

生涯 2014-01-20

生涯[编辑]出生与平氏一族的斗争[编辑]传闻下总国佐仓曾是父亲平良将的领地,至今佐仓市依然保有“将门”这个地名,不过并没有任何这方面的史籍资料。将门由故乡到平安京成为藤原北家之长者藤原忠平的随从,因为父亲良将忽然去世,所以返回了其领国。在当时并没有确立长子相续制度的情况之下,良将遗留下来的领地被将门的伯... 详情

评价 2014-01-20

関東一円では武芸に優れているばかりでなく、世に受け入れられない者の代弁に努めたという点で、その壮絶で悲劇的な死とも相まって、長い間将門は逸話や伝説として人々に語り継がれてきた。これは、将門が重い負担を強いられ続けた東国の人々の代弁者として捉えられたためだと考えられる。中世、将門塚(平将門を葬った墳墓... 详情

一生 2014-01-20

承平5年(935年)2月に将門は源護の子扶らに常陸国真壁郡野本(筑西市)にて襲撃されるが、これらを撃退し扶らは討ち死にした。そのまま将門は大串取手(下妻)から護の本拠である真壁郡へ進軍して護の本拠を焼き討ちし、その際伯父の国香を焼死させた。同年10月、源護と姻戚関係にある一族の平良正は軍勢を集め鬼怒川沿い... 详情

平 将門 2014-01-20

平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東の豪族。平氏の姓を授けられた高望王の三男平良将の子。桓武天皇5世。下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国衙を襲撃して印鑰を奪い、京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を... 详情

人物表4 2014-01-20

西国の人々[編集]純友と海賊民人たち[編集]藤原純友(伊予掾)演:緒形拳将門とは京で出会い、肝胆相照す。その後伊予掾に任じられ海賊対策を命じられるが、腐敗した貴族政治を打倒すべく日振島で挙兵し、淀川まで攻め上るが、将門の戦死を知り、苦渋の撤退を決断する。貴族のことを国家と言う大木に巣食うシロアリと呼んで... 详情

人物表3 2014-01-20

関東の豪族たち[編集]田原藤太(藤原秀郷)演:露口茂少年時代の将門が父良将とともに陸奥に下向する際に縛られ馬で連行される藤太と出会う。後に下野国の有力豪族となる。成長した将門に好感を持つ一方で、彼の政治力に疑問があることを懸念し、また坂東の大地を将門と朝廷との争いで荒廃させたくないとの判断から、涙を呑ん... 详情